大学生がアルバイトするときに大事な考え方

インターンシップ

以前はインターンシップという選択肢はほとんどありませんでした。なぜならば、お金がもらえないという大きなネックがあったからです。時間を有効に使うことはできますが、収入がないということが現実的に大きな足かせになるのは当然でしょう。交通費だってかかるのですから、無償でできることには限界があります。

こうした背景から、アルバイトと変わらないような有給インターンシップが基本となってきました。お金も稼ぎながら、実際の企業で働くことを学べるようになってきているのです。ここから就職につなげるといったこともできますし、これまでのアルバイト以上の経験が積めることも確かでしょう。アルバイト情報と共に見つけられるようになってきていることも大きな意味があります。

企業としても、経験を積んでもらう場として考えている部分は大きなポイントです。アルバイトは経験を積む場ではありません。この違いを企業側が理解して用意しているのですから、大切な時間を過ごせるようになるでしょう。

かつては就活につなげるのがインターンシップと呼ばれていました。ですが、現在は考え方が全く異なってきています。多くの経験を積み、積んでもらう場としての提供があるのですから、有効に活用していくべきでしょう。その代わりに、アルバイト感覚は捨てなければいけないところは、覚悟しておくべきポイントです。